【自己紹介】管理栄養士の編集者・朝倉優と申します

朝倉優

初めまして。

『健康365』編集部の朝倉優と申します。

「つれづれ365 編集部ぶろぐ」にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

月刊誌『健康365』は、“体、脳、心が若返る人生応援マガジン”をコンセプトとした、全国の書店で販売されている健康情報誌です。

不定期になりますが、栄養学や健康、趣味、取材などについて書いていきます。

もしよければ、今後もお付き合いください。

自己紹介

健康365に入社したのは2015年3月15日です。

いまが2022年なので、今年の3月15日で社歴が満7年になります。

振り返ってみるとあっという間ですね。

大学では管理栄養士の養成校だったので、マウスの解剖や100食分を作る大量調理実習、いろんな試薬を使う実験などをしていました。

なので、文章の基本がまったく分かっていませんでした。

入社して最初に作成した原稿はひどいもので、上司のチェック後に「やり直し」といわれるほどです。

いま振り返ると、上司の手間を取らせてしまったことに申し訳なさを覚えるくらいまでにはなんとか成長しました。

まだまだ半人前のため、文章や編集を磨くために試行錯誤する日々です。

文章の素人である僕を採用してくれたいまの会社はとても懐が深いと勝手に思っています。笑

入社したきっかけ

新卒で管理栄養士として働きはじめたものの、朝晩の不規則なシフト勤務で体を壊して退職。

その後、少し休息期間を置いてからいまの会社に入社しました。

入社しようと思ったきっかけは、健康に関する情報を文字で多くの人に届けられる仕事ってすごい!と思ったからなんです。

小学生のときからアトピー性皮膚炎を患っているので、昔から健康には興味がありました。

不健康だからこそ、健康になりたいと思うわけです。

管理栄養士を目指したのも、食事で体の内側から健康になれたらいいなという思いからでした。

管理栄養士として現場で働き、食事を提供して人の健康に関わることは素敵ですが、僕には向いていませんでした。

現場では働けないと悟り、別の形で健康に関われないかと転職サイトで探した結果、いまの会社が見つかったんです。

文字で健康に関われると思って面接を受けていたのが懐かしい。。。

そんな経緯で入社し、もうすぐ7年も在籍しているんだなぁと。なんとも感慨深い。

まとめ

管理栄養士の資格を取得したものの、現在は編集者として働く私の自己紹介でした。

ここまで拙い文章をご覧いただき、誠にありがとうございます。

あなたのアクセスが僕の励みになります。

あなたの健康に関われたら嬉しい限りです。

最後に

私が文章力を上げるために読んでいる本をご紹介しておきます。

参考になれば幸いです。