沖縄の国際通りで海ぶどう専門店をチェック!

丸山

編集長の丸山です。少し前の話になりますが、沖縄に行きました。

『健康365』は、沖縄産のシークヮーサーをはじめ、沖縄での栽培が計画されている長崎県平戸産のツルレイシや沖縄産の海ぶどうから作られる化粧品『カフーリンクル』の取材をするなど、沖縄県とは何かとご縁があるのです。

日本を取り巻く安全保障が厳しさを増す中、はたして沖縄はどのような空気なのだろうと思いましたが、いざ那覇空港に着いてみると、そこは南国の観光地。強烈な蒸し暑さを感じつつも、東京にはない解放感がありました。

これまでプライベートと仕事で数回、沖縄に出かけていますが、いずれも天気は「くもり」。マリンブルーに輝く海を見ることなく帰路に着き、悲しみのあまり機内で涙ぐむことも…。最近は普段の行いがよいからでしょうか、お天道様が味方してくれた沖縄の天気は晴天!

海外アーティストがプロモーションビデオを撮影したという某ビーチ。沖縄県内でも有数といわれる透明度に感動!

那覇周辺の海はもちろん、穴場と言われるビーチの美しさを楽しむこともできました。

夜に国際通りを歩いていると、沖縄の有名人である平良司さんのお店を発見!平良さんは海ぶどう専門店「想いっきり海ぶどう」を経営する実業家で、地元では「嫁ニー」と呼ばれています。第1回目のブログで書いた沖縄産海ブドウの開発にも関わっていらっしゃいます。お店では化粧品を買わずに名産の海ぶどうを購入!

店番をされていた奥様とおぼしき女性から「海ぶどうの保存は常温で…」と念押しされたものの、すっかり忘れてしまい、ホテルの冷蔵庫で保存してしまった私。その後に冷蔵庫を開けると、海ぶどうならではのプチプチとした食感がすっかり失われてしまったのです…。

せっかく丁寧な説明をしていただいたのに、忘れてしまって申し訳ありませんでした。

次回は常温で保存して、プチプチしたいと思います!