365カレッジ リニューアルのお知らせ

中学校の講演会で子どもたちに伝えた「常識を疑おう!」

杉浦貴之の「治す力は自分の中にある!」
シンガーソングライター、『メッセンジャー』編集長 杉浦 貴之

[すぎうら・たかゆき]——1971年、愛知県生まれ。28歳のときに腎臓がんを発症し、両親には余命半年、2年後の生存率0%と告げられ手術を受ける。以後、『メッセンジャー』編集長兼シンガーソングランナーとして精力的に活動中!

「早くて余命半年」といわれた腎臓がんから20年目を迎えた私は、がんになる前より、ますます元気に活動させていただいています。

手術から9年後の2008年、病床で描いた「ホノルルマラソンを走って、翌日に結婚式を挙げる!」という夢をかなえた私は、2010年から、がん患者さん、ご家族、サポーターで参加する「がんサバイバーホノルルマラソンツアー」を主宰。現在、主にがん克服者の体験を掲載した命のマガジン『メッセンジャー』を発行しながら、学校や企業で講演やトークライブを行うなど、日本全国を駆け回っています。

2018年10月、文部科学省が取り組んでいる「がん教育」の一環として、愛知県岡崎市内の中学校で講演をさせていただきました。集まった中学生たちを相手に話したテーマは「命はそんなにやわじゃない。自分らしく生きるために」。

第1部で「あなたが余命半年といわれたら?」というテーマで発表がありました。中学生たちの答えは、「ディズニーランドに行く」「好きな人に告白する」「お世話になった人たちに感謝を伝える」などなど。それはそれですばらしかったです。

講演会の最後、中学生たちに伝えた自分の答えは、「そんなものは信じない」でした。

私は中学生たちにこういいました。
「今日のテーマは何? 『命はそんなにやわじゃない』でしょ? 君たちは、『命がもう終わりです』といわれたら、『はい、そうですね』っていっちゃうの? 自分の命だよ! いつ終わるか分からないけど、決められたとおりに生きるなんて、つまんないよね? 僕の親はお医者さんに『余命は絶対に信じない』っていってくれた。君たちの親だって、絶対に諦めないよ! それなのに君たちは諦めてしまうの?」と。

ノーベル賞を受賞された本庶佑博士も「教科書を信じるな。常識を疑え」と常におっしゃっていたそうです。私は、多くのがんサバイバーさんから〝常識を超える力〟をいつも見せてもらっているので、自信を持って伝えることができます。

「君たちは、自分の力で自分の道を切り開いていってほしい。将来、自分の夢を否定されたとしても、『いやいや、自分は大丈夫だから!』といえる人間でいてほしい。君たちの『余命半年といわれたら』の答えは、いますぐできることなんだよ。大切なことは、マイナスをプラスに変えること。いまは大いに悩んでほしい。凹んでほしい。傷ついてもいい。失敗してもいい。そんな自分を責めなくていい。その経験が、いつかプラスに変わるときがくる。すべてに意味があって、未来につながっていく。自分を無理に好きにならなくていい。自分のことを嫌いだった自分が『好きになれ!』なんていえないから。いまも、嫌いな自分がいる。好きな自分もいる。それでいいんだよ」と。

悩みもなく、失敗もなく、つらいこともなく、楽しいことばかりで、いきなり28歳でがんの告知を受けていたら、きっと絶望から立ち上がることができなかったと思います。あのとき、つらい思いをして、悩んで、苦しんで、もがいてよかったのです。少年の頃の自分が、28歳のときの自分を支えてくれたのです。がんの告知という大きなマイナスは、いまでは私にとって大きなプラスになっています。

以前、ある中学校で行った講演会では、命を諦めそうになっていた女の子が、保健室からやっとの思いで私の話を聴きに来てくれていました。

私の講演でスイッチが入った彼女は、3年後に彼女が通う高校で行われた私の講演会で「自分のコンプレックスを笑いに変えて伝えはじめたら、友だちがどんどんできて幸せになった」と報告してくれました。そのとき、彼女は私にこういいました。「失敗やコンプレックスは恥ずかしいことではありませんでした。人を笑顔に変えたのです。失敗は誇らしいものに変わりました」と。

私は中学生たちに、こんな話をして講演会を締めくくりました。

「がんを治した人が勝ったのではない。勝ち負けではなく、自分は生かされただけ。病気が治るとか、夢がかなうことが奇跡ではなく、生まれてきたことが、いま生きていることが奇跡。母の命がけの思いと、みずからの命がけの思いの中で生まれ、ここまで歩んできた道のり。どんなことがあっても、誇りに思ってほしい。どんな自分であっても、君たちはいまここにいるだけで、無限の価値と可能性のある存在なんだよ」

杉浦貴之 | 「命はやわじゃない」、がん・余命半年から19年を経過し、ますます元気になった男が伝えるメッセージ
杉浦貴之「がん余命半年から16年目を迎えて」 マガジンと歌とRUNで伝える「命のメッセンジャー」
この記事は「健康365」2019年2月号に掲載されています。