抗疲労の日

サル九郎

どうも、

健康365』の編集部員のサル九郎(くろう)です。

現在我々は、6月発売号の原稿の調整中です。

まだ取材などの対応をしている人もいるかもしれません。

もうこの時期から原稿の作業をしているんですよねー。

(実はこのブログの原稿も時差があったりします)

私が疲れに負けている様子のイメージ写真

抗疲労の日

さて、5月16日は、「抗疲労の日」らしいですよ。

皆さんは疲れたときの指標ってあります?

私は口内炎。

だいたい毎月、今の時期から月末にかけてできます。

これが痛いのなんの……。

口の中に3つできたり、大きいのができたりした日には笑顔が消えます。

表情筋を……口の筋肉を動かしたくないから。

思い当たる節

口内炎とは長い付き合い。

小学生の頃から悩まされてきました。

口の中をよく噛むんですよ、頬とか唇とか。

あと、きっと口呼吸が悪い。寝ているとき口の中が乾燥しているのが悪い。

あと栄養バランスと腸内環境。

ごめん、君たちを無視しているから、この痛みは自業自得よね……。

まず疲れを取ろう

先月からビタミン剤をとりはじめました。

野菜? あ、うん、食べますよ、うん。ほんとよ。

これで今月は出なければいいのですが……。

とはいえまだ月曜日。

元気出していきましょう!!

疲れは明日に持ち越さず、リラックスタイムの確保、質のいい入浴・睡眠で当日に解消させたいものですね。